MENU

便秘の治療と生活習慣

便秘を治療するためには生活習慣を改善させることが大切だといわれています。生活習慣を見直すことで便秘を改善することが出来ます。例えば生活習慣の見直しでは排便習慣をつけることも便秘の解消につながります。朝起きて、腸の運動が行われると便が動きます。そしてきちんと朝食を食べることで腸の動きがより活発になりますから朝食はきちんと食べてそれから15分くらいしてから排便する習慣をつけると便秘の解消につながるでしょう。また、運動不足の人は毎日の生活の中に軽い運動を取り入れていくことで便秘の解消につながるといわれています。

 

そして他にも生活習慣の改善で便秘を解消する方法としては、便がしたいと思ったときには、出来るだけそのタイミングを逃さないことです。この便意を逃してしまうと神経が鈍くなって、便秘が常習化するとも言われていますから便意があったらすぐに行く用に心がけましょう。そして精神的なストレスを出来るだけためないことです。精神的なストレスによって自律神経が乱れてしまうと腸の働きが悪くなって便秘になりますからストレスをためない生活にすることも便秘の解消につながります。生活習慣を見直せば薬などに頼らなくても便秘を解消することが出来ますからまずは生活を振り返ることから始めましょう。

便秘のお腹の症状

便秘の時になるお腹の症状を紹介したいと思います。まずは便秘の時に良くある症状だと思いますが、お腹が張るといった症状があります。これは便秘でガスが溜まっていることが多くて、おならが出にくくて便とガスの両方が溜まったことによってお腹が張ったような感じがすることがあります。お腹の張りが気になるくらいの便秘は少し注意が必要な便秘です。便秘のお腹の症状で、腹痛がありますが、腸にたまってしまった便やガスが、腸の中から出れないことから腹痛が起きるといわれています。肛門で便が詰まってしまって、それでも腸が便を肛門に送ろうとして動いているときに腹痛を感じるといわれています。特に、腸がたるんでいる部分に腹痛がおきやすいといわれていて左の腹部の腹痛が便秘では多いといわれています。

 

それから便秘で腹痛の症状として食欲がなくなってくると言う症状があります。これは腸の中に便がたまりすぎて食欲が出ないのだそうです。便秘がひどくなると吐き気がすることもあります。腸の動きが悪くなったことから吐き気を伴う症状が現れることがあるそうです。これらが主な便秘の時のお腹の症状ですが、便秘の症状がひどくなると腹痛がひどくなって、場合によっては熱が出てしまったり炎症を起こすこともあるそうですから注意しなければ行けません。

便秘の種類

便秘には原因によって種類があると言われています。器質性の便秘と機能性の便秘に分けることが出来ます。器質性の便秘の場合には、物理的なことが原因で、便秘になっていることが多いといわれています。便が流れていく通路といえば消化管ですが、この消化管のどこかに何か障害があって便秘になっているかもしれないという状態の事をいいます。小腸や大腸、肛門などに問題があるのかもしれません。ここでは器質性便秘についてもう少し詳しく紹介したいと思います。

 

器質性便秘は腸や腸の炎症、閉塞などがげんいんになって腸からスムーズに便が通らなくなって便秘が起こるといわれています。嘔吐や腹痛などがある場合があってただの便秘と思っていると大事に至ることがあるといわれていますから、何かからだの異変に気がついた場合には、病院へ行って検査するといいと思います。他にも、腸の長さや大きさの異常で便秘が起きることもあります。また直腸瘤が原因で肛門に圧力がかからないというのが原因で便秘になることもあるそうです。便秘というのは万病とも言われるくらいですから軽く見ないで出来るだけ病院で見てもらったほうがいいですね。ここでは便秘の種類の器質性便秘と呼ばれる便秘について紹介しましたが、病気が原因でなることがよくあるようです。